新型インプのデビューフェアが開催中との事で、早速スバル行って試乗して来ました。雑誌の試乗レポでほんの数100m走っただけでも進化が分かると言われてたのを見たけど、実際運転してみてもそれも大袈裟ではないかも?と自分でも思えるほどだったかな。セールス氏も「別物です」と言い切ってたけど、確かに走りは全てが良くなったんじゃないかと。

アクセル踏み込んだ時にこれまで時折感じてたぎこちなさが無くなって凄くスムーズになり、車格も1ランク以上上がった印象なんですよね。それにオーバースペックだろと思ってた2.0i-Sの18インチタイヤがこれまた実にしっくり来ていて感激してしまったりで。

今回i-Lの17インチ車は乗って無いけど、こりゃ18良いよな!!って思えたところが大きいです。ロールの低減までは確認できなかったけど、そこまで分かったらそれこそもうね。
そんなわけで来春?らしいXV登場がまた楽しみなんですよ。


とまあ、こと走りに関しては新型が完全勝利なわけだけど、外観と言うか“顔”についてはぶっちゃけ旧型の方が好きなんだよね。新型はカッコ良いんだろうけど、優等生的な感じで面白みには若干欠けるところが個人的に一番のマイナス点です。やんちゃ小僧っぽい旧型の押しの強さがもう少しあっても良かったんじゃないかなって思ったりするんですよね。なもんだから、余計に今度はXVでインパクトが欲しいのかも・・・?。