「Cutie Circuit 2006 Round II」

品川ステラボールで行われた℃-uteアルバム発売記念のイベントを昼夜2公演見てきました。

“在る筈の存在”が無くなったというのは事実です。こと、村上愛という女の子がいた℃-uteを一つの℃-uteとして脳裏に焼き付いている多くの以前からのファンにとって、受けた喪失感は相当なものだったかと思います。

それでも・・・めぐのいなくなった7人の℃-uteは真剣に頑張っていました。技術レベル云々は別しても、急造7人という不自然さを見せないステージを披露してくれて、そこは彼女達もプロなんだなと思い知らされました。人数は変わっても、そこには変わらぬ℃-uteとして確かに存在していて、なにより自分は安心出来ました。

これは8人の彼女達を身近に体感した期間があまりにも短かった自分だから故、そこまでの喪失感に襲われなかったのかもしれません。でも、明らかに突然の出来事に本当は一番ショックを受けているはずの7人が、弱さなんか見せずに精一杯の笑顔を振りまき、歌って踊っている彼女達を見せつけられると、自分としては安心して、変わらずに応援していくべきなんじゃないかなって・・・。




最初のMCで「この7人で頑張ります!」
そう全員で宣言した彼女達の言葉を信じて、これからも℃-uteを応援していこうと思います。